京極運輸商事

Slide SP



新着情報

IR情報を更新しました。
平成29年3月期 第3四半期
決算短信(連結)

詳細はこちら

多彩な車両バリエーション
輸送のことならなんでもお問い合わせください。
安全輸送は当然。体制も万全です
危険物の京極。あらゆる危険物に対応
多彩な車両バリエーション
輸送のことならなんでもお問い合わせください。
安全輸送は当然。体制も万全です
危険物の京極。あらゆる危険物に対応

多彩な車両バリエーション

あらゆる輸送形態に対応可能な、バリエーション豊かな車両ラインナップ。

危険物から一般品、液体から固形物まで、さまざまな輸送物に対応するためには、それに対応可能な輸送車両が不可欠です。また、積載、荷卸し、貨物がその後どう流れていくかまでを考えた、車両選択のノウハウは、効率を上げ、輸送コストを抑えていくためにも必須です。
弊社には、多種多様な車両とともに、それを最大限活用できる長年のノウハウがあります。

タンクローリー

昭和11年、速くも国産初のタンクローリーを導入したパイオニア。以来70余年、現在もご要望にお応えできるさまざまなタンクローリーを所有し、あらゆる輸送形態に対応させていただいています。


車両総重量22t以下タイプ

大きな汎用性を持つ最大積載量10t~13tタイプの中でも、比較的軽量で取り回しのよいタンクローリー。 軽量のメリットを活かし、ありとあらゆる場所への輸送が可能になります。 ※ここに掲載し切れていない車種も各種所有しております。是非お問い合わせください。

SUSシングルタンク

日本中を走る多くのケミカルタンクローリーの中でも、もっとも汎用的なタイプ。車両の大きさと最大積載量のバランスが良く、お客様のニーズにもっとも対応できるタイプです。

SUSダブルタンク(保温)

汎用的なSUSシングルタイプの機能を強化したもの。ステンレス胴体を二重にし、間にグラスウールを入れることで保温性を高めています。また、スチーム方式、温水方式等によって加温ことが可能。そのため、温度変化に敏感な輸送物への対応に優れています。


車両総重量25t以下タイプ

トレーラー以外の車両の中では、保有する車両の中でもっとも大きなタイプ。一度になるべく多くの製品を運びたい場合に活躍します。 ただし、荷物を多く運べるという大きなメリットを持つ反面、車両全長が長いため、輸送条件によっては使用を制限せざるを得ない場合がある等のデメリットもあります。

ケミカル品輸送用SUS製タンクローリー

汎用的なSUSタンクの大容量積載型。非常に多くの製品を一度に運ぶことが可能です。

液化高圧ガス用輸送用タンクローリー

液化高圧ガスに特化したタンク。こちらも最大積載量が多いため、一度に多くの製品を運ぶことが可能です。


ISOタンク積載型コンテナ車

輸送の前後における輸送物の貯蔵等、さまざまな取り回しの良さまで考慮できるのが現代における輸送のプロフェッショナル。
弊社では、ISOタンクをそのまま積載できるコンテナ車を用意することで、さまざまなニーズにお応えすることができます。


荷卸し用ポンプ搭載型

荷卸し現場において、液体貨物に卸に必要不可欠なポンプ設備。もしそれが常設されていない現場でも、安心してご利用いただけるのがこのタイプ。
車両総重量22t未満、車両総重量25t未満と、輸送品目や道路等の輸送条件によって選択いただけます。

22t未満タイプコンテナ積載車

タンク・ポンプを載替えることにより、製品のコンタミネーションを完全に防ぐ事ができる。スポット等の少量多品種の輸送手段としては輸送開始までのコストが抑えられます。

25t未満コンテナ積載車

荷卸し用ポンプ搭載型の大容量積載タイプ。タンク・ポンプの載せ替えという汎用性と合わせ、一気に大量の製品を運ぶことが可能になります。


荷卸し用ポンプ非搭載型

荷卸し現場等の設備が整っている場合にはこちら。輸送オーバースペックとなることなく、ISOタンク積載型コンテナのメリットをご活用いただけます。
こちらも車両総重量22t未満、車両総重量25t未満と、輸送品目や道路等の輸送条件によって選択いただけます。

22t未満タイプコンテナ積載車 

荷卸し用ポンプを荷卸し現場の設備に依存することで、車両負かを減らし、その分の汎用性が確保できます。


脱着式荷卸し用ポンプ

荷卸し用ポンプの要・不要に合わせて、自由に設備バリエーション対応が可能な着脱式。こうした柔軟対応が可能な設備を有することで、みなさまのありとあらゆるご要望に、できる限りお応えできる体制を整えています。

ギヤポンプ・タイプ 

上下2つの歯車の動作によって、その負圧を利用し液を吸い込むタイプ。荷卸し速度が速く、さまざまな場面で応用力の高いタイプです。

パワードポンプ・タイプ

回転する内部の羽が気体をかき出すように排気する、真空ポンプの一種。製品がポンプ部品と接液せずに荷卸が可能なため、製品の粒子等を壊さずに荷卸が可能です。

エアコンプレッサー・タイプ

エンジンの動力でエアコンプレッサーを作動させ、タンク内を加圧し、空気の圧力による荷卸しを可能にする方法です。

その他輸送設備

直接の輸送車両だけでなく、その周辺設備もさまざまご用意。ただ運ぶだけでなく、その前後に発生するありとあらゆる作業にも対応できる体制を整えています。以下はその代表的なものです。


ISOタンクコンテナ牽引用トラクタ

ISOタンクコンテナ等、大量輸送時のコンテナを載せたトレーラーシャーシを牽引する車両。工場から工場、港から工場など、あらゆる場面で力を発揮します。


コンテナ積載用トレーラーシャーシ

コンテナを積み替え積載可能なトレーラーシャーシ。輸送条件や法令等によって発生る制限を、コンテナそのものはそのままに、シャーシだけを代えることで対応可能にします。また、コンテナを荷受けに行く際などにも有用です。


ISOタンクコンテナ載替用トップリフター

ISOタンクコンテナ等を載せ替える為の大型リフトです。。

輸送のことならなんでもお問い合わせください

輸送とは、ただ運ぶだけのことではありません。その前後をはじめ、輸送物の移動に関する様々な付帯業務があり、それらありとあらゆることに対応可能であることも弊社の強みです。
輸送に関することならどんなことでも、是非お問い合わせください。


輸送実績表作成サービス 

日常の輸送状況把握は、なかなか細かい管理を必要とするもの。弊社では輸送実績表の作成も担当させていただくことで、届先別納入数量や回数等について、しっかりとしたデータをご提供することができます。

製品充填(積込)場所の確認、打合せ、申請の代行

輸送とは運ぶだけではなく、その前後にさまざまな業務が発生し、関わる方々も数多く、そういったあらゆる場面における確認、打合せ、申請等の代行まで、一貫して承らせていただきます。

新規納品先への事前現地確認・打合せの代行

新しい納品先や新しい品番での輸送が発生した場合、そこで発生する各種手続きも多種多様。 弊社では、その事前現地確認から入門や設備等の事前手続き、細かな打合せ等々、それらすべてを一貫してお任せ下さい。

タンク・コンテナ・ドラム缶等への製品詰替え

例えばISOタンクコンテナからタンクローリーへの詰め替え、工場・SP・輸入品の小分け作業や構内作業等、輸送に際し必要となる、ありとあらゆる作業もご用命下さい。

鉄道・船等を利用した輸送の提案

弊社主力は各種車両による陸上輸送。しかし輸送物によって鉄道もしくは船舶による輸送が省コストかつ迅速安全と判断される場合はそのご提案もさせていただきます。 もちろん、弊社が責任を持って手配、輸送管理を行なっております。



安全輸送は当然。体制も万全です

輸送を安全に行うことは、私たち輸送に関わるものとしては当然のことです。しかし予期せぬ事象はどうしても起こるのも現実です。 そんな問題を未然に防止し、また障害発生時には迅速に対応できる体制を整えておくことも大切な要素。 弊社では、みなさまに安心してお任せいただけるよう、最大限の努力を怠りません。


的確な輸送手段のご提案 

経験知は、輸送に関する重要な要素のひとつ。弊社創立100年以上の経験と、既に数十年にわたる危険物取扱の経験に基づき、どのような輸送方法がベストか、積載品の腐食性、危険性、有害性等の情報を考慮した輸送容器の選択、納品手段、規制等を考慮した輸送ルート等々、常にベストなご提案をさせていただくことが可能です。

輸送中データの管理

デジタルタコグラフと連動し、法定速度遵守の徹底、アルコールチェック機器との連動による管理、運行計画表とデジタルタコグラフ軌跡管理による安全な輸送ルートの確保等、輸送中の安全確保を徹底しております。

出庫前、帰庫後の点検を確実に実施

検温によるドライバー健康チェック、出発先確認、運搬物確認、注意事項の伝達と確認、準備物の確認、運行計画・ルートの確認、運転免許証・危険物取扱免許証のチェック、車番号確認等、出庫前、帰庫後にこれらチェックを実施。 輸送において起こり得るさまざまなトラブルを未然に防止しています。 その他、年2回の健康診断を実施し、ドライバーの体調管理も怠りありません。

有資格者による確実な輸送

大型、特大、牽引、危険物、毒劇物、高圧ガス等、輸送を担当するのは有資格者です。
主なライセンス
・危険物取扱主任者 甲種、乙種1~6種
・毒劇物取扱主任者
・高圧ガス移動監視者

安全会議の実施

運輸安全マネジメント、定例安全会議、グループ単位での安全研修会の実施(春・秋)を実施し、ドライバーをはじめ輸送に関わるスタッフ全員の安全意識向上に努めています。

適性診断の全員受診

適性診断受診を義務化。受診後にも面談を実施するなど、確実なフォローアップ体制を確立しました。


運輸安全マネジメントに関する取り組み

平成18年10月から、運輸安全マネジメントの導入に伴う自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行されました。

当社としても運輸安全マネジメントに取り組んでおり、その内容は下記の通りです。

危険物の京極。あらゆる危険物に対応

弊社の危険物取扱は既に数十年もの歴史を重ねてきた、まさにその道の専門集団。
ありとあらゆる危険物の知識を有し、それらをいかに安全に、そして効率的に輸送するかのノウハウをご提供させていただきます。


多種多様な危険物輸送に対応します

弊社で取扱可能な危険物は多種多様。以下、代表的なものを掲載いたしました。
以下に掲載のないものでも是非ご相談ください。それらについてのベストな方法、ご提案させていただきます。


取扱危険物ジャンル

消防法危険物

(第2類、第4類、第6類)

  • 第2類(液体硫黄等)
  • 第4類
    • 第1石油類(アセトン・ガソリン・ベンゼン・トルエン等)
    • アルコール類(メチルアルコール・エチルアルコール・プロピルアルコール等)
    • 第2石油類(灯油・軽油・キシレン・スチレンモノマー等)
    • 第3石油類(重油・クレオソート油・クレゾール・アニリン等)
    • 第4石油類(潤滑油(ギヤー油・シリンダー油・タービン油)・可塑剤等)
    • 動植物油類(椰子油・アマニ油等)
  • 第6類(過酸化水素水等)

毒劇物

(ホルマリン等)

高圧ガス

(液化高圧ガス)

一般品

(水性合成樹脂・各種塗料系及び印刷インキ用樹脂・水硫化ソーダ等)

輸送 >>

  • 車両バリエーション
  • 輸送のことならなんでも
  • 安全管理体制
  • 危険物の専門家

港運 >>

  • 輸出入フロー
  • 取扱品目紹介
  • 輸出入ワンポイント・アドバイス
  • 通関業コンプライアンス

倉庫 >>

  • 国内製品
  • 定温倉庫
  • 危険物取扱可能
  • 物流一貫体制
  • 輸入製品取扱
  • 長期保存書類対応
  • 保管ネステナーラック
  • 倉庫紹介

容器 >>

  • 全国対応
  • 小ロット
  • リース
  • リユース