京極運輸商事

Slide SP



新着情報

IR情報を更新しました。
決算短信 

詳細はこちら

輸出入フロー
取扱品目紹介
輸出入ワンポイント・アドバイス
通関業コンプライアンス
輸出入フロー
取扱品目紹介
輸出入ワンポイント・アドバイス
通関業コンプライアンス

輸出入に関するありとあらゆることについてご相談ください。

世界から日本へ、日本から世界へ、輸出入に必要なありとあらゆる手続き、手配、作業、その他すべてのことに対応。こんなこと聞いても大丈夫かなと思うことでも、是非一度お問い合わせください。

輸出についてこちら

お客様からお荷物を引き取るところから、税関にて輸出通関を行い、同時に船会社に提出する船積書類の作成等、あらゆる手続きを代行し、コンテナヤード(船会社)にお届けするところまで、すべてを一貫してお任せいただけます。

貿易書類

輸出には、インボイス、原産地証明書などの輸出書類が必要。それら書類の作成を代行させていただく他、諸法令やL/C(信用書)、契約書に基づき、適切なアドバイスとサポートをさせていただきます。

トラック手配・船腹予約

輸出に欠かせない輸送手段の手配も弊社で代行。取扱物品の内容やさまざまな条件によって、最良の輸送手段をご提案させていただきます。

保税蔵置場

通関手続きが完了するまでの一時留置も必須。 弊社では、港湾に近い京浜地区を中心とする各種の施設、設備を保有し、あらゆる品目の貨物をお受け致し、多様化するニーズにお応えします。 詳細は、弊社・倉庫事業ページをご覧ください。 また、船積みする際、最適な梱包、荷造り等も行えます。 例えばShipping Markの添付や変更。ドラム、カートン、袋物をパレット梱包にする等、こちらもあらゆるニーズにお応え可能です。 通関手続き 東京港、横浜港での通関はもちろん、地方港での通関業務も取り扱っております。 経験豊富な通関士や貿易手続き関連法規、荷捌、物流に関して精通したスタッフを揃え正確・敏速に通関を行います。

コンテナヤード

仕向国に向けて船積みを致します。御客様のご希望によりスムーズな運送体制による「Door To Door」のサービスも提供しております。

輸入についてこちら

海外からコンテナヤード(船会社)に到着した貨物、税関にて輸入通関を行い、お客様へお届けするまでのすべてをお任せ下さい。

貿易書類

輸入通関にはさまざまな書類が必要。これらをお預かりし、通関手続きへと進行します。
また、ご不明であれば、必要な書類等についてのご相談も承ります。
[ 主な必要書類 ]
・Commercial Invoice(仕入書)
・Packing List(梱包明細)
・B/L(Original又はWaybill)(船荷証券)
・原産地証明書(FORM A)
※他法令の申請(食品・動物・植物・高圧ガス保安等)がある場合は、それに関連する書類が必要となります。

トラック手配・船腹予約

お預かりした書類に基づき、輸入申告に必要な書類を作成致します。
書類の内容を確認するとともに、貨物の内容を確認。他法令に関連する場合は各省庁に対しての申請書類を作成し、検査を行うこともあります。
貨物が積まれている本船が入港し、陸揚の確認ができ次第、管轄税関へ申告します。
税関ではその申告に対して書類審査・貨物検査を経て、関税・消費税を納め輸入許可となります。

保税蔵置場

貨物を引き取る為に、船会社に対し支払うべき海上運賃諸チャージとともにB/L(船荷証券)を差し入れし、D/O(荷渡し指図書)を受け取り貨物の搬出手続をします。
御客様の指定場所へ貨物をお届け致します。
コンテナそのままでお持込も出来ますが、指定場所で受け取る設備がない場合には、弊社倉庫にてコンテナから貨物を出しトラックに積み替え納入させていただくことも可能です。また、仕分けをして複数の指定場所にお届けする事もできますのでご相談ください。

危険品から非危険品、ありとあらゆる品目

危険物の京極と自負する豊富な知識と経験を持つ危険品はもちろん、その他非危険品等ありとあらゆる品目に対応させていただきます。 ここまで数多くの取扱実績から蓄積したノウハウで、スムーズかつ最善の輸出入を可能にさせていただきます。 以下は代表的な取扱品目。ここにないものでも取扱可能ですので、是非ご相談ください。

代表的な取扱品目

危険品 非危険品
高圧ガス 引火性ガス・非引火性ガス・毒性ガス 合成ゴム
引火性液体類 油脂・油剤
可燃性物質類 界面活性剤
酸化性物質類 酸化性物質・有機過酸化物 生化学製品
毒物類 一部医薬品
腐食性物質 一部顔料
その他危険性物質 一部触媒

輸出入ワンポイント・アドバイス

輸出入と言えば、専門的な知識や手続きを必要とし、また分かりにくいことも多くあることと思います。それら輸出入に関する専門ノウハウの一部をご紹介します。 ここに書かれていることの他にも、遠慮なくお問い合わせください。

危険物を輸出したいのですが、どのようなものでも海外に船積みできますか?

若干ですが運送禁止の危険物もあります。 また、運送容器にも規制がありますので化学品名と仕向国をお知らせください。 弊社長年の経験から、的確なアドバイスをさせていただければと思います。

高圧ガスを輸出、輸入するにはどのような手続が必要ですか?

液化、圧縮:不燃性、可燃性、毒性、等々、ガスの種類によって、貯蔵,移動(運搬)の規制がございます。 輸入する際にも、輸入検査申請という手続きが必要となります。 また、港でも蔵置できるヤードが限られておりますので、現地船積み前にご相談ください。

タンクコンテナを利用するメリットとはなんですか?

タンクコンテナを利用する事によって下記のようなメリットが考えられます。
1. 保温・加熱・冷却装置装備をすることにより、物性に合った品質管理へ対応できる。
2. タンクのリース料がドラム購入より安い場合は有効。しかもドラムの処理等を考える必要がない。
3. タンクコンテナの方がドライコンテナより積載重量が大きい為、相対的物流費用が削減できる。(ドライコンテナ:16t<タンクコンテナ:20t)
4. 充填料、作業料、保管料、運送料等の中間経費が削減できる。

B/Lを紛失してしまった場合は如何すればよいですか?

輸入では原則として、B/L(船荷証券)がないと貨物の引き取りができません。 もし、紛失等してしまった場合、もしくは本船が既に入港してしまったがお手元にB/Lが届いていない場合は、商慣習として保証荷渡という形で処理します。 保証荷渡を受けることができる条件は、一般的には次の通りです。
1. 銀行と荷主の連帯保証状(BANK L/G)を船会社に差入れる。
2. 当該貨物のCIF価格の150%に相当するCASH DEPOSITおよび荷受人の保証状(SINGLE L/G)を差入れる。 輸出の場合でも、B/Lは有価証券であり簡単に再発行をしてもらえません。ただし、商習慣的に上記と同様の方法で再発行をしてもらえることもあります。 B/Lは有価証券で貨物と等価なものであるので、取り扱いには充分な注意が必要です。

「アメリカ向け海上運送貨物の船積み情報24時間前申告制度」とはなんですか?

米国税関が米国への輸入コンテナ貨物、および米国港に途中寄港する本船に積まれたコンテナを対象に、仕出港での船積みの24時間前に米税関にマニフェスト(積荷目録)の電送を義務付けした規制です。 これは対テロ防止を目的としたもので、貨物の品目コードの六桁までの詳細な記載や正確な荷主名の記載等、規定に違反した場合には、本船の入港拒否や課徴金などのペナルティーが船会社に課せられるようになりました。

「他法令」とはなんですか?

他法令とは、関税関係以外の法令で、輸出または輸入に関して許可承認等を定めたものです。 貿易の正常な発展や公共の安全など、国民の安全と福祉の増進などを目的とした諸法令に定められた許可や承認について、これらを事前に受けておかなくてはならない品目や条件に該当する場合は、その許可・承認を受けていることを、輸入申告時に税関に対して証明する必要があります。 詳細は総務庁行政管理局が官報を基にデータ整備をしているデーターベースがありますので、こちらの方をご参照ください。
e-Gov(イーガブ)〜電子政府の総合窓口

コンテナの種類を教えて下さい。

種類としては以下のようなものがございます。弊社では、お客様の品物、その他条件によって、それぞれ最適なものをご提案させていただきます。


ドライコンテナ


一般雑貨輸送を目的とした密閉型コンテナ 20フィートコンテナ…長さ:6,058mm、幅:2,438mm、高さ:2,591mm。最大総重量は,20,320kg。 40フィートコンテナ…長さ:12,192mm、幅:2,438mm、高さ:2,591mm。ハイキューブの場合は高さ:2,896mm。最大総重量は,30,480kg。

オープントップコンテナ

天上部が取り外しが出来る梁とキャンバスによって構成され、重量物や長尺物などドア部より積載する事ができない貨物や、背高貨物を運ぶ事を目的とした特殊コンテナ。

フラットラックコンテナ

密閉型とは異なり、天井,側壁を有さない開放型の特殊コンテナコンテナ。通常コンテナの高さや幅を超えるような大きな貨物を積めるため、大型の機械や木材などの重量物の輸送ができます。

リーファー

肉・魚・野菜・果物などの生鮮食糧品、また温度管理をする必要がある貨物を輸送するためコンテナ。コンテナに冷蔵機が内臓され、プラス25℃からマイナス25℃までの温度設定が可能となっています。

通関業コンプライアンス

通関業を営む企業には、多くの経験、高度なノウハウとともに、高い順法精神や企業道徳が必要とされます。 弊社は創業から100年を越す上場企業として、国の定める法令とは別に弊社独自のコンプライアンスを制定。業務にあたっては、必ずこれらを遵守することをここに宣言します。

通関業コンプライアンス規則

通関業務管理規定

輸出通関業務作業要領書

輸出通関業務手順書

輸入通関業務作業要領書

輸入通関業務手順書

輸送 >>

  • 車両バリエーション
  • 輸送のことならなんでも
  • 安全管理体制
  • 危険物の専門家

港運 >>

  • 輸出入フロー
  • 取扱品目紹介
  • 輸出入ワンポイント・アドバイス
  • 通関業コンプライアンス

倉庫 >>

  • 国内製品
  • 定温倉庫
  • 危険物取扱可能
  • 物流一貫体制
  • 輸入製品取扱
  • 長期保存書類対応
  • 保管ネステナーラック
  • 倉庫紹介

容器 >>

  • 全国対応
  • 小ロット
  • リース
  • リユース