京極運輸商事

Slide SP


新着情報

最新の採用情報を掲載しております。

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
第80期事業報告書

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
決算公告に代わる公示

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
支配株主等に関する事項について

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
主要な経営指標等の推移について

詳細はこちら

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて更新しました。
2019年度結果 2020年度目標

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
剰余金の配当に関するお知らせ

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
2020年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)

詳細はこちら

IR情報を更新しました。
代表取締役の役職変更、担当業務変更および役員の異動に関するお知らせ

詳細はこちら



会社沿革

昭和22年5月 個人営業を改め、中央区新川に(株)京極社設立、設立時の事業所は川崎作業所 ( 現・川崎支店 )、金町作業所 ( 現・白井事業所 ) 、横浜出張所( 現・京浜支店 )
昭和25年3月 一般区域貨物自動車運送事業再開
昭和26年2月 ドラム缶工場建設、操業開始 ( 昭和36年11月ドラム缶製造部門分離 )
昭和27年6月 税関貨物取扱人の免許を得て、通関業を開始
昭和33年3月 (株)弥生京極社を設立 ( 現・持分法適用関連会社 )
昭和36年12月 市川支店 ( 平成10年12月廃止 ) 開設
昭和37年4月 五井営業所 ( 現・京葉支店 ) 開設
昭和39年10月 京浜港における一般港湾運送事業の免許取得
昭和39年11月 (株)京極社を京極運輸商事(株)と改称
昭和41年9月 日本証券業協会に登録、株式店頭売買開始 ( 現・東京証券取引所JASDAQ ( スタンダード ) 上場 )
昭和43年8月 浮島倉庫開設、倉庫営業開始
昭和46年4月 タンククリーニング部門を分離、日本タンクサービス(株) ( 現・連結子会社 ) を設立。ドラム洗浄部門分離、サンドラムサービス(株) ( 現・日本容器(株)( 平成20年12月株式譲渡 ) ) 設立
昭和48年3月 石油部門を分離、弊社全額出資にて京極石油㈱(現・JXTGエネルギー㈱特約店)設立(現・連結子会社)。
昭和48年5月 小樽事業所(平成9年9月廃止)開設
昭和51年5月 鹿島事業所(平成26年9月廃止)開設
昭和54年8月 蔵王事業所開設
昭和56年5月 弊社全額出資にて京浜京極運送(株) ( 平成23年6月1日吸収合併 ) 設立
昭和56年9月 中津事業所(平成25年10月廃止)開設
昭和61年10月 大阪事業所 ( 平成6年6月廃止 ) 開設
昭和62年11月 北海道事業所 ( 平成12年6月廃止 ) 開設
昭和63年8月 (株)泉州配送センター ( 平成5年9月株式譲渡 ) を子会社とし、大阪地区の営業拡充
昭和63年10月 倉敷事業所開設 富士事業所開設
平成2年7月 三菱石油(株) ( 現・JXTGエネルギー(株) ) の関係会社 ( 平成22年7月完全親会社であるJXホールディングス(株)に株式継承) となる
平成8年3月 (有)本町ビルに出資 ( 平成11年9月出資金売却 )
平成11年8月 関西営業部 ( 平成15年6月廃止 ) 開設
平成16年4月 弊社全額出資にて(有)京極トランスポートサービス ( 現・連結子会社(株)TSトランスポート ) 設立
平成16年11月 白井事業所開設
平成18年8月 本社移転 ( 中央区新川より中央区日本橋浜町へ )
平成22年7月 JXホールディングス(株)の関係会社 ( 現・JXTGエネルギー(株)より株式継承 ) となる
平成23年6月 京浜京極運送株式会社 ( 100%子会社 ) を吸収合併


輸送 >>

  • 車両バリエーション
  • 輸送のことならなんでも
  • 安全管理体制
  • 危険物の専門家

港運 >>

  • 輸出入フロー
  • 取扱品目紹介
  • 輸出入ワンポイント・アドバイス
  • 通関業コンプライアンス

倉庫 >>

  • 国内製品
  • 定温倉庫
  • 危険物取扱可能
  • 物流一貫体制
  • 輸入製品取扱
  • 長期保存書類対応
  • 保管ネステナーラック
  • 倉庫紹介

容器 >>

  • 全国対応
  • 小ロット
  • リース
  • リユース